2011年02月11日

あと1ヶ月

ななこの公立高校の入試まであと1ヶ月となりました。昨日は私立高校の発表で、無事合格!!・・・というか落ちる子がいるのか?という高校なのですが、もしも・・・のために受けました。
市内統一の実力テストが始まった夏頃はひどい成績でしたが、冬休みを挟んで、1月・2月と成績が上がり、なんとか志望の高校(進学校とかじゃなくて、ごく普通の高校です)の合格圏に入る事ができました。
ななこ曰く
「試験に出る範囲がなくなったから、勉強が楽になった!!」
って・・・普通は反対じゃないの〜。範囲がなくなったら成績が上がった→って、実力あるやん・・・・親バカです。
ななは、小学校の時は、それなりにできる子でした。特に小学校に上がる前は、よく本を読み、ひらがなもカタカナも漢字も・・・もしかしてこの子って勉強できるかも・・・と親バカな事を思っていましたが、一転中学に入ると、中の下・・・こりゃどうしたもんかと心配しました。
一方、かいとの方は、赤ちゃん言葉がなかなかぬけず、小学校入学前にやっとひらがなが書ける程度だったのに、小学校高学年からなぜかそこそこ勉強ができるようになり、中学では、部活とクラブで1日4時間くらい泳いでいるにもかかわらず、結構いい成績です。
わからないものですね・・・。
神童が普通の人になるのは良くあること・・・・。(→ななこが神童だったわけではないですよ。例えです)
あと1ヶ月、気を抜かず勉強を続けてほしいものです。

臼杵のOKSTまであと1週間になりました。
会場のある臼杵市(うすきし)は、大分県の東海岸に位置する市で、国宝の臼杵石仏や醤油の製造で有名です。私は小学校の修学旅行でこの石仏を見て回った思い出があり、またうちの町から1日14便もフェリーが往復していて、最も行きやすい会場と言えます。(港から会場まで歩いても10分以内みたい)

チケットが郵送されて、びっくり!! 「あ列」 ・・・もしかして、1列目?
臼杵市民会館の座席表はネットのどこにも載っていません。
そこで思い切って電話で聞いてみました。
すると、やはり最前列は「あ」で、番号は9番〜34番26席。
という返答でした。こちらの写真を見ると、センターの席が12席あるように見えるので、15番〜26番あたりがセンターブロックになるのかな〜と思っています。もし、「臼杵の座席がわからな〜い」と思われている方、参考にしてくださいな。
座席は1000席。
きっと、アットホームな感じになるのでしょう。
花のお江戸のNHKホールと真逆な感じを楽しんできま〜す。

音楽と人 2011年 03月号 [雑誌]
音楽と人 2011年 03月号 [雑誌]
音楽と人 2011-02-05
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
坂道のアポロン 7 (フラワーコミックスアルファ)
坂道のアポロン 7 (フラワーコミックスアルファ)小玉ユキ

小学館 2011-02-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
仲井戸麗市リスペクトアルバム「OK!!!C’MON CHABO!!!」
仲井戸麗市リスペクトアルバム「OK!!!C’MON CHABO!!!」仲井戸麗市

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2011-02-23
売り上げランキング : 587


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by きらら at 11:45 | 愛媛 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 子供 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

海斗の顔

二年ほど前のこと、盆踊りで海斗が見知らぬおじさんに声をかけられた。
「きみのお母さんはどこの国の人?」
その時、そのおじさんは、私を母親と知って、私のことを指して、聞いているのかと思った。私の顔は、ちょっと南方系ではあるが、まるっきりの日本人の顔である。
変なこという人だなーと思ってその時は流していたが、おとといたまたまテレビで世界ウルルン滞在記を見ていて、おじさんの言ってた意味がわかった。おじさんは海斗の顔を見て、どこかのハーフだと思ったんだ。(どこかっていうのは、東南アジアですよ。決してヨーロッパではありません。)
おとといのウルルンの放送はカンボジアのお話で、マギー審司さんがあるお宅にホームステイします。そこには5人の兄弟がいて、その長男の子が海斗にそっくりなのだ。
菜南子に「ねね、テレビに海斗そっくりな子がいるよ」って見せると、
「ほんとだー。そっくり。」って。
海斗の顔は、丸くてあごは少しとがり気味。目がくっきり二重でくりくりで大きい。鼻は低め。そして、一番のポイントは肌の色。6月下旬から外で毎日水泳しているので、夏はホントに真っ黒。だからそのまま、東南アジアのどこかの国に連れて行っても、きっと現地の子に間違われるに違いない。

昨日、実家に行ったら、私が何も言わないのに、母が、きのうのウルルンに海斗そっくりな子が出てたね。と・・・。

主人は、エラも張ってて、どちらかというと韓国から来たの?みたいな顔。
菜南子は典型的日本人。
私は???どうだろ。東南アジア系ではないな。沖縄?ってほどでもない。
遺伝子の組み合わせで、いろんな顔が生まれるものだ。

IMG_020912.JPGでも・・・海斗はウルルンの子に似てた・・・って言われるのが、どうも嫌らしい。ちっ(怒った顔)
その子、けっこうかわいい子やったのに〜ぴかぴか(新しい)

posted by きらら at 08:23 | 愛媛 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 子供 このエントリーを含むはてなブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする